岐阜大学への留学

交換留学生

岐阜大学では、学生交流協定を締結している大学から交換留学生を受け入れています。学生は、出身大学・大学院に在籍したまま、本学の学部・大学院等で授業科目の履修、あるいは研究指導を受けます。申請方法は、あなたが在籍している大学の担当者にお尋ねください。

岐阜大学学術交流協定大学一覧

本学の学術交流協定大学はこちらをご覧ください。

在籍区分

岐阜大学の交換留学生としては、特別研究学生、特別聴講学生、日本語・日本文化研修留学生の3つの在籍区分があります。

(1)特別研究学生

特別研究学生は大学院生だけが選ぶことができます。特別研究学生は岐阜大学の大学院で指導教員の指導を受けながら、専門分野について研究します。
在籍期間は、4月または10月から6か月間または1年間です。

(2)特別聴講学生

大学の学部生及び大学院生が選ぶことができます。特別聴講学生は、次の2つのカテゴリーがあります。提出された申請書類に基づき、どちらのカテゴリーで学ぶことになるかは、岐阜大学で審査します。
在籍期間は、4月または10月から6か月間または1年間です。

(2-1) 特別聴講学生(N2相当以上)
学部・研究科に所属して専門分野を勉強します。専門の講義に出席して、日本人の学生と一緒に勉強します。授業は日本語で行われますから、日本語でのコミュニケーションができなければなりません。N2(Japanese Language Proficiency Test Level 2)に合格できるぐらいの日本語が必要です。専門の授業のほかに、日本語・日本文化教育センターで開講する日本語のクラスで勉強することも可能です。

(2-2) 特別聴講学生(N2相当未満)
日本語・日本文化教育センターに所属して日本語と日本文化を勉強します。交換留学生はプレスメントテストの結果に応じて適切なクラスに配属されます。ただし、N2相当以上の日本語レベルがある学生は、下記(3)の「日本語・日本文化研修留学生」に申請できる場合もあります。

(3)日本語・日本文化研修留学生(N2相当以上)

日本語・日本文化研修プログラムは、日本語・日本文化教育センターのプログラムです。ここでは、日本語と日本文化について勉強します。日本語・日本文化を専攻する学部学生(2年次以上)で、N2に合格できるくらいの日本語能力が必要です。
在籍期間は、10月から1年間です。

交換留学の手続き

特別研究学生および特別聴講学生

毎年9月末頃に本学との学生交流協定締結校に対し募集要項を送付します。岐阜大学への出願締切は次のとおり予定しています。
4月入学申請者:11月上旬
10月入学申請者:4月上旬
申請は、必ずあなたが所属する大学の担当部署を通じて行うことになっていますので注意してください。

2022-2023交換留学生募集

日本語・日本文化研修留学生

毎年1月末頃に日本語・日本文化を主専攻とする学科がある学生交流協定締結校のうち、協定や交流実績に基づき、特定の協定校に対し募集要項を送付します。岐阜大学への出願締切は、毎年3月初旬の予定です。
申請は、必ずあなたが所属する大学の担当部署を通じて行うことになっていますので注意してください。

ページの先頭へ

×