日本語研修コース

コースの種類

岐阜大学の日本語研修コースは、3つのコースがあります。コースの違いは、1週間にどのくらいの授業数があるか、です。

毎日しっかり日本語を学びたい人(初めて日本語を勉強する人&勉強したことがある人)
毎日授業のある「集中コース」(週10~11コマ必修)

専門の勉強で忙しいが、少しでも日本語の勉強を続けたい人
必要な科目だけ選択できる「一般コース」(週1~7コマ)

まったく初めて日本語を勉強する人
日本語学習の時間が取れない未習者を対象にした「生活日本語コース」(週4コマ)

集中コース

1学期間、月曜日から金曜日まで毎日授業があり、集中的に日本語を学びます。ゼロ初級~中級レベルのクラスに分かれます。短期間での日本語能力向上が必要な学習者に適しています。

レベル授業数(1週間)定員
Aクラスゼロ初級、初級(未習者向け)11コマ必修10名程度
Bクラス初中級(既習者向け)10コマ必修10名程度
Cクラス中級(既習者向け)10コマ必修10名程度

1)集中コースは、1学期間の短期集中日本語コースです。1学期間は日本語学習が中心となりますので、1学期間の受講が可能かどうか、充分検討してください。

2)集中コースは、1学期間、授業は毎日あり、80%以上の出席が求められます。また予習や復習の課題などが課されます。専門の授業や研究活動に支障がないか、また学生本人が集中コースを受講する意志を持っているか、充分に確認のうえ、申し込んでください。

一般コース

日本語を学んだことのある人(既習者)を対象に、必要な科目を選択することが可能な日本語コースです。目的や予定に合わせて受講することができます。初中級~中上級レベルのクラスに分かれます。専門の授業が中心で、空いている時間に日本語を勉強したい学習者に適しています。

レベル授業数(1週間)定員
Bクラス初中級5コマ(集中コースと合同)15名程度
Cクラス中級4コマ(集中コースと合同)15名程度
Dクラス中上級7コマ10名程度

1)各クラスとも必修科目はありません。提供される科目のうち、受講したい科目を選択することができます。ただし、学期はじめに受講する科目を決めたら、1学期間は必ず出席してください。どの科目も80%以上の出席が必要です。

2)Dクラスの科目のうち、4コマで一つの授業となっている科目があります。詳しくはDクラスのページを参照してください。

生活日本語コース

日本語を学んだことがない未習者で、生活に必要な日本語を少しでも学べる授業を提供しています。ゼロ初級レベルのみのクラスです。日本語学習の時間が十分に取れないけれど、日本語を少しでも学びたい人に適しています。

レベル授業数(1週間)定員
JDLクラスゼロ初級(未習者向け)4コマ15名程度

1)このコースはゼロ初級レベルのクラスしかありません。文字や文法をきちんと身につけたい人は、集中コースのAクラスへ進む必要があります。まず、生活日本語コースで勉強してから、集中コースのAクラスへ進むのもいいでしょう。

ページの先頭へ

×